オガサ製工の安心 安全は技術

工事をする技術の一つに安全があります。私たちは工事を安全に進め、終わらせなければいけません。当社では、第三者えの配慮は当然ながら、お客様のため、社員のためにヘルメットや保護具(安全帯など)の着用はもちろん、作業前にKYK(危険予知活動)で作業手順や、危険対策を確認し合い、社員全員で安全講習を実施したり、行政の行う講習に参加して、各種安全衛生推進に関する資格を積極的に取得しています。

ご契約の流れ~お客様のお困りごとに沿った工事のご提案から、丁寧なアフターフォローまで。親切、丁寧に対応いたします。

お問い合せ 屋根の改修、雨漏り修理、建物の暑さ・寒さ対策について、
まずはお気軽にお困りごとをご相談ください。
調査・ヒアリング 現地に伺い、建物や屋根の状態をチェックしながら、
詳しくお話を聞いていきます。「登録基幹技能者」などの
資格を持ったスタッフが伺いますのでその場で
さまざまなご質問にもお答えできます。
社内で施工方法を検討 営業、現場監督、施工スタッフ、それぞれプロの
立場から、お客様のご希望に沿う・現場にとって
最適な施工方法を導き出します。
施工方法とお見積りのご提案 現地の調査結果、施工方法をわかりやすくご説明し、
お見積りを提出させていただきます。
※ご希望により、検討用の資料をおつくりさせて
 いただきます。(資料作成は一部有料)
ご契約 施工方法とお見積書に十分ご納得いただけましたら、ご契約へと進みます。
近隣へのご挨拶 工事が始まる前に近隣の皆様にご挨拶をし、
ご了承をいただきます。
工事開始 現場ごとに施工チームを結成し、工事計画に
沿って進めます。スタッフ全員で情報を共有し、
安全対策も万全です。
工事完了 現場の責任者が、最終確認・検査を行い工事が
完了します。その後、お客様にもご確認いただき、
「工事完了確認書」を発行します。
アフターフォロー 点検、メンテナンスもお気軽にお申し付けください。また、メーカーによる資材の保証、当社と保証センター合同の10年間施工保証、大手保険会社のPL保険(製造物責任法に基づく損害賠償責任を補償する保険)を完備しています。

責任施工保証制度(10年保証)

「完成後もお客様の屋根をしっかり守ります」 オガサ製工のお約束の「証明」です。
建物の屋根は常に日光、雨、風に直接さらされているため、日に日に劣化していくものです。美観、防水性、耐久性のある屋根は優秀な技術者、技能者が施工、そして管理にあたることによって実現できますが、工事完了した屋根の耐久性が本当に大丈夫なのかは専門家でなければ判断が難しいのが現実です。
昨今世間をにぎわしている「欠陥住宅問題」。悪徳リフォーム業者による手抜き工事や耐震偽造が問題となっていますが、工事完了してから時間が経たないとわからないことであったり、外からは見えない部分の手抜き工事であったりするケースがほとんどです。
弊社では、昭和59年(1984年)という早い段階から「責任施工保証制度」を実施しています。この制度は屋根工事の全てを保証するものです。最高10年。安心して、お気軽にご相談ください。
保証書
第三者保証だから安心!
全日本建築板金保証センターが発行する保証書は、厳格な調査基準を基に、施工品質を保証するものです。最高10 年の保証期間で、施工に問題があった場合は、弊社が責任を持って補修いたします。
お客様のために、手厚い保証環境を完備
あってはならない万が一に備え、お客様に誠心誠意でご対応させていただくために、全国組織の全日本板金工業組合連合会の賠償責任保険に弊社は加入しています。もしもの時も、ご安心ください。
全日本板金工業組合連合会の組合員だけが発行できます!
この保証制度は全国の各県が組織する板金工業組合の組合員しか発行する事ができません。お客様がこの保証を発行したい場合は、ぜひお問い合わせください。お近くの組合員をご紹介いたします。

社内説明用に、わかりやすく資料を作成

現状の問題・工事のご提案・工期について・完成後の保証・お見積もりなど、社内の会議や稟議でフル活用できる資料を作成いたします。
工事という「商品」は、お店で販売されている商品のように手にとって確かめて購入できるものではありません。「工事をすると、このような仕上がりになります」という「約束」に対して信頼・信用をし「購入(=契約)」を行わなくてはなりません。また、財布からポンと出せるような金額ではありません。
そのため、法人様では会議での承認や、役員の許可を得なければ工事を行えないのは当然のことです。しかし、屋根工事を稟議にかけるための資料作成に時間がかかっていては、本来の業務に差し障りが生じます。
弊社は「誰が見ても」わかりやすく、写真や図解を盛り込んだ資料を作成いたしますので、会議や稟議の際に担当者様に必要以上の負担をおかけいたしません。

施工事例へ